日本社会で不自由しないための OS 選び

 

街を歩けば「ドヤリング」と過去に話題となったキーワード。

スターバックスでマックブックを開いてドヤ顔をする。

そんな風景を皮肉った言葉である。

 

最近では「ドヤリング」という単語をあまり耳にしなくなりましたね。

 

さて、今回は社会でのコンピュータ問題について少しだけ、これから社会に出る人向けにご紹介したいと思います。

 

パソコンにはOSと言われるパソコンを使用するための機能が標準的に入っている。

そのOS問題こそ、今回取り上げる事柄なのです。

 

日本企業でパソコンを導入している企業はほとんどであろう。

その企業の中で、パソコンに搭載されているOSの比率が以下だ。

・Windows 75%

・その他 25%

上記のデータは2017年3月時点のデータである。

これらからわかりますように、社会で使われているOSのほとんどがマイクロソフトが提供しているWIndowsなのです。

 

しかし、今MacOSが伸びています。

MacOSとはスティーブ・ジョブズ、iPhoneで有名のアップルが提供しているOSです。

スマートフォン市場では圧倒的にiPhoneのシェアが話題となっておりますが、まだパソコン市場ではWindowsがシェアが大きい。

75%のシェアを誇るWindowsに対して、MacOSは10%程度。

近年シェアの伸び、販売台数が伸びていはいます。

 

学校や、企業でもMacOSを導入するところが増えていますが、これだけWindowsが溢れる日本で早くも、Windowsの使い方がわからない社会人が現れています。

家庭にあるパソコンはMacOSであり、教育課程ではWIndowsを使う機会はあったものの、教育時間が限りになく低い。

結果的に自宅で使うMacOSはある程度使えるけれどもWindowsは使えない。

 

スマートフォンはiPhoneを使っていることから、パソコンもApple製品といった方も増えている中で、WindowsにMac、これら両方を使える必要があると考えた学校等が、お互いの教育を行うところも増えているようです。

しかし、社会に溢れているOSはWIndowsであるように、大抵に方々はWIndowsを使えないことには仕事ができないも同然なのです。

 

情報教育の中で、専門的知識を深めるために2つのOSを学ばせることはあっていいかもしれないが、小学校、中学校では最低限Windowsを当たり前に使える勉強をすることを進めたい。

それから、個人的にパソコンを持つ場合にも、まずWindowsをある程度使える知識があるのあればMacOSを使うことはスキルになる。

Windowsも使えない状態でMacOSに触れてばかりいると、実際に社会に出た時に苦労することになるだろう。

 

 

将来的にMacOSのシェアが広がることは予想されるが、これだけWindowsが使われてきた現実があります。

特にパソコンに詳しくなく、特徴を理解してパソコンを選ばないのであれば、Windowsパソコンをオススメします。