福岡に泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO

airbnb や民泊 やらゆる宿泊サービスがある中で、これまた、ユニークな宿泊サービスが存在している。

それが、”泊まれる本屋” 

ん?

なんだそれは、本屋に泊まれるのか。なるほど。ネットカフェね。

 

これでは少し認知が甘い。

ネットカフェならぬ、泊まれる本屋の実態とは。

 

「泊まれる本屋」としてサービスを提供する BOOK AND BED TOKYO 

東京、京都と拠点を展開していたBOOK AND BED TOKYO ですが、この度、

福岡に拠点を置くということだ。成長を続けるBOOK AND BED TOKYO。

 

ここでは、宿泊者限定にパジャマのレンタルがあったり、空間を楽しむことのできる、

「デイタイムプラン」というものも存在する。宿泊しなくてもここで時間を過ごすことは可能なのです。

 

BOOK AND BED TOKYO では本に囲まれてぐっすり眠る。

こんなコンセプトはありません。ここは本好きのためのゆとりある時間を過ごすための環境が用意されているのです。

ここではコンセプトを、最高の「寝る瞬間」を届ける。としている。

もちろん、寝室という部屋も用意されている。シャワー室だって用意されている。

 

しかし、ここでは大好きな本を読みながら、ウトウト。コトリ。

 

こんな「寝る瞬間」を体験する環境です。

 

1名様から、2名様までが基本的なスタイルであるそうです。

料金も非常に安く、それぞれの拠点によって、空間も様々。

 

体験型のサービスが拡大する現代に今だからこその紙媒体を宿泊環境に盛り込む

このユニークなアイディア。

そしてここでは、時間を忘れて本に没頭できる環境が用意されている。

本の品揃えも気になるところですが、もちろん漫画だってあるようです。

 

本に限らず好きなことに没頭できる環境を用意するサービスというのはこの、

本で始まった BOOK AND BED TOKYO をはじめ、これから注目されて行くかもしれません。

本を集中的に読む時間を定期的に持ち、ここにこもって読み漁る。

気がつけばすでに翌日を迎えているというような、明日を気にせず、時間にとらわれない

最高の「寝る瞬間」を、そして環境を体験したいものだ。